新しい形の社員研修、OJDについて

社員研修は、これまでは職場内研修にあたるOJTと呼ばれる方法と、職場外研修になるoff-JTと呼ばれる方法が広く利用されてきました。
一方、最近では新しい社員研修の形としてOJDと呼ばれるものも導入されており、この方法は能力開発のためのトレーニングを目指した内容になります。
OJDは、On the Job Developmentの略称です。
研修では日常業務をするにあたり上司が若手社員を教育するシステムが用いられており、企業の経営戦略に沿って将来的に必要となる能力の開発が行われます。
最大の特徴は、OJTが現在の仕事を進める上で必要な能力の取得を目指す煮に対して、OJDでは将来必要になるマネジメント能力などの習得を目指している点があり、長期的な目線に立った社員研修となります。
OJTの難点の1つに教える側の負担があります。
上司がマンツーマンで行うために人数などによっては負担が多き過ぎる点があり、企業は、OJDを導入することで時間をかけた人材育成をすることができます。