OJTを活用した社員研修について

OJTは従来から広く用いられてきた社員研修の方法です。
On the Job Trainingの略称であり、ここでは、実務中に上司が部下に対して指導を行うことで知識や技能をその場で習得するという方法が用いられます。
広く用いられてきた理由には企業規模が大きく関係しており、1つには、日本は中小企業が多いために時間も費用もかけることが難しいという点を挙げることができます。
つまり、社員研修するまでの余裕が少ないことが理由へとつながっています。
OJTは、簡単には職人など、徒弟制度に通じるものがあります。
ここでは現場で業務をやりながらスキルや能力を身につけていくことになり、社員は座学などでは得られない内容を学ぶことができます。
内部での社員研修であることから、例えば新入社員も安心感を得ることができ、指導者役となる社員のチームリーダーや管理者に向けてのスキル向上にもつながります。
一方、難しい点としては教える側となるトレーナーにバラつきが生じることがあり、結果として受ける側に理解度や習熟度に差が出てしまうことがあります。
また、トレーナーへの負荷が大きくなることもあり、担当内容によってはトレーナー間の不公平や手が回らなくなるといった可能性が生じます。